自動車事故で多い事故ランキング5選

常日頃、安全運転を心がけていても日本のどこかでは毎日のように交通事故が起こっています。まさか私が……と思う方もいるかもしれませんが、車を運転している以上、100%事故を起こさない・巻き込まれないということは言い切れません。

今回は、交通事故で最も多いパターンとされるもの上位5位をまとめました。普段の運転を今一度再確認して、安全にドライブを楽しめるようにしましょう。

5位 運転操作不敵

1035e3b1c8552d87305c1b116d91b764_s

簡単に言えば、ハンドルの操作ミス・ブレーキとアクセルの踏み間違いのことを指します。

よくニュースなどで、コンビニやお店に車が突っ込んだ原因として「ブレーキとアクセルを踏み違えた」と報道されていることがよくありますよね。

慣れた動作だからこそ、注意を怠ると最悪の事態になりかねません。

4位 漫然運転

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s

車の運転に慣れている人に特に多いのがこの「漫然運転」です。

あなたは運転中についボーッとしてしまったり、考え事にふけってしまったことはありませんか?
被害者はもちろん、事故の加害者にならないためにも、ハンドルを握っている時の集中力は意識的に保つようにしましょう。

3位 動静不注視

e817399198558e0d12dcf58ee0ac2e6b_s

交差点や渋滞時に多いのが、この動静不注視が原因の事故です。

例えば運転手は交差点で右折する時などに、「自分の車が曲がり切れるか」対向車との距離感やスピードを見て瞬間的な判断を下します。この時、自分は行ける!と思っても、実際に間に合わなくて衝突してしまうというケースは意外にも多くあります。

渋滞時の場合、隣にいる車が動き出したからとブレーキを離したら、前の車は停止したままでぶつかってしまったというのもこの動静不注視に含まれます。

2位 わき見運転

e84b59e8a7f8dbcfe9d4a7377d2da676_s

スマートフォンを操作しながら運転をしている人を、ドライバーの方であれば日に一回は見るのではないでしょうか?これも近年急増している事故原因の一つです。

カーナビの設定や、周囲の景色につい気をとられて運転から注意がそれてしまうというのは言うまでもなく非常に危険なことです。友達同士でドライブに出かけた時にも、おしゃべりについ夢中になってしまって気付いた時には大惨事だった……というような事故も残念ながら後を絶ちません。

1位 安全不確認

a59060e43e0fa53d02f6644d8ed68846_s

運転時の基本中の基本とも言える安全確認ですが、意外にもこの行為を怠るドライバーが最も多いのです。

具体的には左右と前後の安全確認、一時停止の線できちんと止まることなどがあります。急いでいたり、慣れた道である場合は特に注意が必要です。

日本全国の交通事故のうち、約3割を占める原因がこの安全不確認によるものであることは忘れないようにしてください。

終わりに

事故の原因は意外にも、小さな不注意から生まれるということがお分かりいただけたでしょうか?

ほんのふとした気の緩みが、一生後悔することになる交通事故を招く可能性は大いにあります。
運転初心者はもちろん、普段から運転に慣れているという人もハンドルを握る際は油断することなく、安全運転を心がけるようにしましょう。

この記事をみんなにシェアする