無保険車に追突された!補償を受けるためには?

6412d2f5b5208652340b5a533dded364_s

現在、任意保険に加入していない無保険車の割合はおよそ15%だといわれています。ゆえに、いつなんどき、無保険車が後ろから追突してこないとも限りません。
もしものとき、どうすればよいのかわからず慌ててしまうことがないよう、無保険車との事故に対する知識を備えておきましょう。今回は、相手の過失が100%であるときを想定し、事故の補償を整理してみました。

ケガをさせられた場合は補償を受けられます!

c4e2f09869cdf42297caa074e03db4c2_s

相手が無保険車であっても、事故のケガに関する補償はほとんどのケースで心配ありません。契約している自動車保険や相手の自賠責、万一相手が自賠責にすら加入していない場合でも政府保証事業(※1)から対応できるためです。

※1.政府保証事業とは、自動車損害賠償保障法に基づいて、自賠責の対象とならない「ひき逃げ事故」や「無保険事故」などにあわれた被害者に対し、健康保険や労災保険等の他の社会保障の給付(他法令給付)や本来の損害賠償責任者の支払によっても被害者に損害が残る場合に、最終的な救済措置として、法定限度額の範囲内で、政府(国土交通省)がその損害をてん補(損害に対して保険・共済金で対応)する制度です。

無保険車に追突されケガをした場合の治療費の請求先及び対象の補償や特約

請求先① 契約している保険会社(共済組合)

まず最初にご契約の保険会社(共済組合)に相談しましょう。契約の補償や特約の保険金(共済金)で支払い対応ができます。人身傷害補償や、無保険車傷害特約は本来相手が支払うべき治療費などを先に保険金の支払いでカバーしてくれます。しかもノーカウント事故扱いの為、保険料に影響することもありません。補償される内容には次のようなものがあります。

・人身傷害補償

・搭乗者傷害補償(特約)

・無保険(共済)車傷害特約

請求先② 相手の保険会社(共済組合)

こちらの保険契約に人身傷害補償が付帯されていない場合は、相手の自賠責保険会社へ請求できます。
自賠責の保険金請求は必要書類も多く少し難しいので、契約している保険代理店(共済代理所)に相談しましょう。

万一相手が自賠責に未加入であっても、政府保証事業から同等の補償を受けられます。

車の保険には注意しよう!

e8701d7b30d97b211ec2b4def03446c9_s

請求先① 契約している保険会社

・一般条件車両保険

・車対車+危険限定保険

・車対車車両保険

契約している保険会社に相談しましょう。以上の契約の車両保険の保険金で支払い対応が可能です。以上の車両保険は本来相手が支払うべき契約のお車の修理代を先に保険金の支払いでカバーしてくれます。しかも、車両無過失事故の特則(特約)が付帯されており条件を満たしていれば、ノーカウント事故扱いの為、保険料に影響することもありません。

請求先② 相手

契約している車に車両保険が付帯されていない場合や、付帯されていても保険料に影響がでる等の理由でご契約の保険の保険金の支払いで対応しない場合は、契約者が相手に直接請求することになります。

しかし契約者の過失が0%の場合、保険会社は相手との示談交渉を代行できないと弁護士法72条で定められています。

そのため、契約の中に弁護士費用特約が付帯されている場合は、弁護士に依頼しましょう。この特約を利用しても保険料に影響することはなく、契約者に代わって相手に支払い金の請求をしてくれます。

契約者が相手へ直接請求する手順は以下のとおりです。

電話で請求
内容証明郵便で催告
弁護士に依頼し催告
裁判を起こす

まとめ

6412d2f5b5208652340b5a533dded364_s

おわかりいただけたでしょうか?無保険車との事故は保険金の受け取りが不可能ではないかとの不安もありますが、知識を持っていれば大丈夫。きちんと補償制度は整っています。もし事故にあったときに、相手が無保険車でも焦らず、落ち着いた対応をできるように備えておくことが大切です。また、普段から自分の契約している保険の特約などを見直しておきましょう。

この記事をみんなにシェアする