【保存版】廃車手続きの正しい方法とは?!実際に調べてみた。

ff0bcedc6f011ec243771cb96ef955ec_s

廃車の手続きってどうすればいいの?そんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。また、手続きがややこしくてよくわからない、面倒臭そうだと思っている人も。今回はそんな廃車のやり方について整理していきましょう。

自分で廃車手続きをする場合

05fd64d8418df668819ba095d4ec83e5_s
廃車手続きを自分で行う場合、まず、自動車解体業者に車を引き渡して車両を処分してもらいます。そしてその後、様々な必要書類やナンバープレートを揃え、普通自動車の場合は管轄の「運輸支局」、軽自動車の場合は管轄の「軽自動車検査協会」へ行き、そちらの窓口で取得できる書類の「永久抹消登録申請書」「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」などに必要事項を記入して、全て提出することで廃車できます。
重要になってくるのは必要書類の種類で、これはどのような廃車方法を取るかによって、必要なものが異なります。

永久抹消の場合

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s
永久抹消とは、既に自動車を解体済であったり、災害等により自動車が使用できなくなった場合に行う手続きです。永久抹消に必要な書類は、

・所有者の印鑑証明書 *発行日から3ヵ月以内のもの
・所有者の委任状 *所有者の実印の押印があるもの
・車検証
・ナンバープレート *前後面の2枚
・「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
・自動車税・自動車取得税申告書

以上の8つです。

一時抹消の場合

22a117a99eeec65e60655919b4251dec_s
一時抹消とは、一時的に自動車の使用を中止する場合に行う手続きです。
一時抹消に必要な書類は、
・所有者の印鑑証明書 *発行日から3ヵ月以内のもの
・所有者の委任状 *所有者の実印の押印があるもの
・車検証
・ナンバープレート *前後面の2枚
・手数料納付書
・一時抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書 *地域によっては不要

以上の7つです。

解体届出の場合

e8701d7b30d97b211ec2b4def03446c9_s
解体届出とは、一時抹消登録を済ませてある自動車を解体した場合に行う手続きです。
解体届出に必要な書類は、
・所有者の委任状 *所有者の認印の押印があるもの
・登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
・「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
・代理人(窓口へ出向いた方)の印鑑 *代理人が申請する場合のみ
以上の6つです。

廃車にするまえに

ec269167862157bcad6cab43b46f2f2d_s
非常にたくさんの書類が必要で、時間もかかってしまうため、面倒だという人や不安な人は代わりに手続きをしてくれる業者に依頼をすることも検討しましょう。また、廃車にするのではなく事故車専門の買取りサービスもあるので活用してみるといいでしょう。最近では無料査定を行っている業者も多いので、廃車をしてしまう前に査定だけでもしてもらうとよいかもしれません。長年連れ添った愛着のある車とは、お別れの時も最良の方法をよく検討して行いたいですね。

この記事をみんなにシェアする