事故車を修理したい!費用はどれくらいかかる?

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s

自動車事故を起こしてしまった!そんな時、気になるのことの一つが、自動車が無事かどうかです。
愛着のあるマイカー。できれば買い替えずに壊れてしまった部分を修理して乗り続けたいですよね。
だけど、修理ではなく買い替えの方が安くつくことも・・・。
どちらが最善の方法かわからない、そんな人のために修理費用をまとめてみました。パーツごとの相場をしっかりと把握しておきましょう!

エンジンの修理費用

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s

事故によってエンジントラブルが発生した場合、たいていの場合はエンジンそのものを交換することになります。
部品交換などで対応することは、ほとんどありません。

一般的な国産自動車の場合、エンジン本体が30~70万円、分解・組み立てなどのエンジンを載せ替える工賃が10~20万円ほど。
海外メーカー製の外車や高級車の場合は、その数倍の費用がかかってしまうこともあります。

また、エンジン部分がへこんでしまっている場合などは、エンジン以外の部品交換やフレーム修理費用などさらに高額の修理費用がかかってしまいます。

ドアの修理費用

f08cc536c6ab0bf752d96a2ee2a12daa_s

・小さな傷:1,000円程度(※タッチペンによる修理)

ひっかき傷のような小さな傷であれば、自分で修理することも可能です。
カー用品店に売られている、車の色補修に活用できるタッチペンを探してみましょう。
タッチペンは、車種ごとに微妙に違う色にも細かく対応しています。
キズの上に色を塗った後、はみ出した部分をマニキュアの除光液を含ませたコットンなどで軽く拭き取れば、傷跡も目立ちません。

・えくぼ、ヘコみ:2万円~

ガードレールや電柱などにドアをぶつけてしまった場合や、バイクなどの立ちゴケによってできたヘコみは板金もしくはパテ盛りでの補修となりますが、範囲が広いほど費用が上がります。
ドアの内部は、サイドエアバッグやパワーウィンドウの配線などを通すので、基本的には空洞になっています。そのため少しの衝撃でも大きなヘコみが出やすいので、うっかりぶつけてしまうことのないよう普段から注意しておきましょう。

・ドア交換:10万円~

国産自動車であればドア1枚あたり10万円程度です。
ドア全体が歪んでガラスまで割れてしまったような場合や、ドア素材がアルミやカーボンで、板金による補修ができない場合は、ドアを丸ごと交換することになります。
また、外車の場合は部品を調達するための輸送費なども負担することになるので、数十万円を超える金額になることもあります。

バンパーの修理費用

17e7fff7529526c532d8e5d211828a5e_s

・簡易補修:~1万円

小さなヘコみ(5cm×5cmほどの範囲)しかない場合は、1万円程度で補修することが可能です。

・部分修理:2.5~4万円

自損事故でバンパー側面を擦ってしまった場合は、部分的な板金と塗装のやり直しで補修し、上記の費用がかかります。

・一本塗り:3~5万円

バンパーの中央付近まで擦ってしまった場合や、塗装の継ぎ目が気になる場合などは、バンパー全面を塗装し直します。

・バンパー交換:5~20万円

バンパーが折れてしまった場合や、板金や塗装による補修ができない素材の場合などは、バンパーを丸ごと交換しなければいけません。
その費用に関しては、部品が手に入りやすいかどうかで大きく変わってきますが、相場は上記程度のようです。

フレームの修理費用

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

・一部の板金修理:10~100万円

自動車のフレームそのものが歪んでしまった場合、フレームを板金加工で修理することになります。
フレームの板金補修自体は10万円程度ですが、それに加え、周囲パーツの解体や組み立て工賃が必要になることもあり、高額になってしまうケースも。

・大きな範囲の修理:100万円~

自走できないほどの損傷や、その他の部品交換が多すぎる場合は、車を買い換えるよりも多額の費用が必要になることもあります。なんと費用が数百万円にのぼることもあるそう。

損傷の度合いで修理費用は大きく変わる!

1801140ea5b3ccdcf4d5983e79752c1d_s

このように軽度の傷などは自分で修理、費用も千円程度で収められることもありますが、反対に損傷が大きいとやはり買い替えざるをえなくなるほどの費用がかかってしまいます。また、車種によっては部品が手に入りずらく相場以上の費用になってしまったり、外国産車の場合は部品の輸入費用なども上乗せされてきます。賢く修理することも大切ですが、時には買い替えを検討することも必要です。そんなことになってしまわないよう、日頃の運転も気をつけて行いたいですね。

もしも修理をせずに捨ててしまおうと思ったら事故車専門の買取りサービスもあるので活用してみるといいでしょう!

この記事をみんなにシェアする